セキセイインコの日光浴・人も鳥も健康に!ベランダ&室内日向ぼっこ

セキセイインコのベランダ日光浴

我が家の癒し係・ウィル係長(セキセイインコ・生後5か月)の成長記録・ベランダ日光浴の様子を画像付きでご紹介します。太陽光を浴びて、インコも人も健康に♪ 紫外線の悪影響は、ちょっとした日光浴レベルなら気にする必要はなく、メリットの方が絶大なようですよ。

セキセイインコに日光浴はなぜ必要?

太陽光にあたることで、体内にビタミンDが生成されます。ビタミンDは、主にカルシウムの吸収を助ける働きで知られています。丈夫な骨を作ってくれるんですね。ビタミンDの不足は、くる病(骨の石灰化障害)骨軟化症、メスなら、卵殻形成不全の原因になるとか。

日光浴には、栄養面だけでなく、紫外線の殺菌効果などもあるようですね。人間と同じなら、幸せホルモン・セロトニンの生成にも関係していて、インコのメンタルにも関係あるはず。カルシウムも精神安定に効果があるのですから、インコのイライラ対策にも良さそうですね。

人にもインコにも必要なビタミンD

そんな重要な働きをするビタミンDは、主に魚に多く含まれており、普段食べているシードにも青菜にも含まれていないそうです。ですから、日光浴ができないインコちゃんには、ビタミンDを補ったペレットを与えるのがいいようですよ。

実は、私もビタミンDのサプリを飲んでいました。一時期、病状悪化で、太陽光がダメで、カーテンを閉め切って生活していたので、ビタミンDをサプリで補おうと思って。当時、飲んだのはこちらのドクターズサプリ。成長期のお子様や更年期以降の女性向けのビタミンとのこと。子供の骨の成長と大人の骨粗しょう症予防に良さそうです。人の場合は、不足することは滅多になさそうなので、私のような特殊なケースでない限り、太陽浴びて魚を食べていれば問題ないかと。インコのように偏食すると要注意かな?

窓越しの太陽光では効果なし?!

日光浴は重要と知っていたものの、ウィル係長のケージを置いている部屋は、日当たりが良く、窓辺で日光も当たっているので、3カ月目くらいまではベランダ日光浴を殆どさせていませんでした。そもそもケージ嫌いに育ててしまい、さらに移動用ケージは入口が小さくて、入れるのだけでも一苦労。初めての時は、さすがに出して出してアピールがすごくて、5分ほどで終了。ケージにも外にも慣れていなくて怖いというのもあったみたい。必死のアピールで可哀そうに思えたのです。

日光浴どころではないウィルちゃん

生後3か月。メダカより、出たいアピールに必死

まぁ、日当たりもいいし、わざわざ必要ないよね?と思っていたのですが、後に、窓を閉めていると、必要な紫外線をカットしているので効果がないと知りました。

◆紫外線の種類と効果
UVA…ガラスを透過
UVB…ガラスや雲でブロック・ビタミンDの生成
UVC…オゾン層でブロック
こうしてみると、UVBが必要なんですね。換羽中の羽根の色が、前より艶がなく感じられるのはそのせい??と気になって、ベランダ日光浴に挑戦することに。

ベランダでの日光浴

最初、嫌がるかなぁ?と思ったのですが、外はやっぱり気持ちよかったみたいで。止まり木で風に吹かれたり、差し入れたバジルを食べたり。意外にも結構、のんきに楽しんでいるご様子。ケージにも少し慣れていたこともあり、野鳥を呼んで(?)鳴いてみたりとご機嫌な感じ。

ベランダで日光浴をするセキセイインコ

生後4か月。余裕が出て、気持ちよく日光浴♪

以降、晴れていれば、1日に1回10~30分ほど、ベランダで日光浴をするのが日課になりました。私はバラを摘みとるなど、植物のお世話をしたりしながら、様子をみています。一緒にいてあげる方が落ち着くだろうというのもあり。

ベランダ用チェアの上に置いたり、洗濯物干しにつるしたりしているのですが、強風などでケージの落下事故もあるようで、落とさないように気をつけています。よそのインコちゃんがケージが落ちて、逃げだした話などを伺うと、想像してしまいゾッとします。今はS字フックを固定し、そこにぶら下げているのですが、もっと安全対策を考えなくては。

ベランダで日光浴をするセキセイインコ

ケージにも慣れ、余裕の表情?(4か月)

今のところ、ケージに入れるのはまだ少し苦労していますが、だいたいは、鏡や餌やおもちゃで釣っています。稀に、指に止まらせて、出入口に持っていき、促すと、すっと自分で入ってくれることもあり、以前の嫌がり様に比べて、すごい進歩!ウィルちゃん、成長しています。

寒い時期の日向ぼっこ

気温が低くなる時期でも、必要とされる1日10分程度なら、ポカポカお日様にあてて、日向ぼっこさせてあげたいと思っていますが、やはりあまりにも寒くなると、室内で、網戸越しの日向ぼっこが現実的でしょう。

窓辺で日向ぼっこのセキセイインコ

窓際、定位置での日向ぼっこ(2ヵ月半)

写真の頃は、ケージ側の窓を開けていました。その後、すだれをつるしたら、留め具の関係でケージ側は締め切りに。冬場には、またケージ側をオープンにして、空気の入れ替えもしつつ、お気に入りの場所で日向ぼっこしようっと。

日光浴の効果

日光浴の効果はというと、骨が強くなったかは調べようがなく不明ですが、羽根の色は濃くなって、艶も出たような気がします。

セキセイインコレインボーの羽根の色

生後5か月。日光浴で、羽根の発色が美しくなった?

いかがでしょうか? 主人が、なんか羽根がキレイ✨と気が付いたくらいなので、かなり良い感じになったのではないでしょうか。Wikipediaによると、

鳥類や毛皮を持つ哺乳類においては、皮膚から毛皮や羽根に皮脂を分泌し毛繕いすることによって口からビタミンDを摂取している。

とのこと。なんと、羽繕いでもビタミンDを摂取していたのですね。今後も気持ちよく日光浴をして、健康を維持していきたいと思っています。

追記・どうしても日光浴ができない時に

窓から日差しが入らない場合や、日光浴できるベランダが無い場合、あるいは昼間は働いているなどで無理など、日光浴が難しい場合には、こうしたUVBを室内で浴びられるライトを利用してインコの日光浴をされている方もいらっしゃるようです。

関連記事

英語学習のおすすめ記事

  1. 手続きとサポート料金無料のカナダ留学エージェント

    カナダ留学がしたいなら、頼れる老舗留学エージェントで無料相談を!

  2. 信じる力と受け入れる力のすごさを教えてくれる動画

    【TED】信じる力はスゴイ!キャロライン・ケイシー『 限界の向こう側』

  3. 語源で覚える英単語のお薦め本

    英単語は語源で覚えるべし!ボキャブラリー増強におすすめの本

  4. 視力回復

    オンライン学習での視力低下に効果的な対処策7選・眼病予防にも良し!

  5. 与える人奪う人あなたはどっち?

    【TED】成功はどちらに?「与える人」と「奪う人」あなたはどっち?

カテゴリー

カテゴリー

子供の学習の記事

  1. 地図を好きになるための教材

    社会・地理が好きになる!幼児~小学生の地図を覚える教材7選

    幼児から小学生におすすめの社会・地理が好きになる日本と世界の地図を覚えるための教材をご紹介しています…
  2. 小学生のタブレット学習・スマイルゼミなら無料で英語学習も可能で高評価

    「スマイルゼミ」は、ジャストシステムが提案する小学生、中学生向けタブレット型通信教育サービスです。ジ…
  3. 【2歳~6歳】幼児向け右脳教育システム【はっぴぃタイム】七田式家庭学習

    幼児向けの右脳教育システム【はっぴぃタイム】は、右脳教育や右脳トレーニングで知られる七田式教育法をご…
ページ上部へ戻る