【べき思考】の親が陥りやすい3つの不幸と理由、完璧主義の解決策

べき思考の親が陥る3つの不幸

いい親になりたい。仕事・家事・育児などを首尾よくこなしたい。そうするためには、何をすべきか? 普通なら、常識に従えば、どうすべき? 人に認められたいし、恥をかきたくない。子どもをどう教育すべき? しばしば、こんな風に考えてしまう人は、要注意です。

物事の多くは理想通りにはいかず、完璧になどなれるわけがないのは、皆さんもよくご存知の通りです。なのに、なぜ完璧を目指してしまうのでしょうか? 理想や完璧を目指す親が陥りやすい3つの不幸を知って、べき思考を改めませんか?

不幸1.完璧を目指せば目指すほど完璧から遠のく

上手なスピーチをしようと思うと、力んで余計に失敗するように、自分に理想を強いればそうするための緊張が高まり、パフォーマンスが落ちてしまいます。【べき思考】の人は、ああすべき、こうすべき、と常に自分を見張り、自分に命令しているので、疲れて果ててしまいます。疲れると、物事は上手くいきません。そして、上手くいかない自分を責めたりして、自分で自分を傷つけてしまいます。

○○すべきだと思ったのに、○○すべきじゃなかった。。。なんて。結局、全部投げ出したい衝動にかられたりすることもありませんか? 度が過ぎると心を病んでしまいます。

不幸2.自分にも他人にも厳しくなり生きづらい

完璧を目指す人は自分に厳しいので、他人もつい厳しい目で見てしまう。これも不幸の始まりです。人を批判するようになってしまい、他人の欠点を許すことが難しくなります。仕事場でも人の欠点が気になりますし、ママ友の欠点も、子どもの欠点も、お友達の欠点も気になるかもしれません。

自分の正しさが唯一だと思ってしまうと、他者を尊重できなかったり、共感もできないので、心が苦しくなります。妻や夫にべきを押し付ければ、夫婦仲も悪くなるでしょう。こうして、自分も他人も許せなくなると心が安らぐ場所がなくなります。

普通や常識を他人に押し付けて判断しているので、自分を完璧主義だと考えず、ごく普通だと考えているかもしれません。しかし、何でも常識的に普通にこなせる人は相当完璧な人で、目指しているのは理想の人間なのです。

不幸3.子どもが親に完璧を求め始め、親子関係がこじれる

子どもにも自分の理想を「べき」で押し付けて、求めてしまいます。中学受験をするべき。とか、○○ちゃんとは遊ぶべきでないとか。子供を心配し、良かれと思ってでたアドバイスにも【べき】が多くある方は要注意です。そうすると、子どもも親に理想や完璧を求め始めます。しかし、当然ながら双方ともに完璧になどなりません。ですから、親にも子供にも不満しかのこりません。

小さな子どもや聞き分けの良い子供は何も言わないかもしれません。親だから我慢します。しかし、やがて不満が爆発します。反抗となるか、非行となるか、不登校や、発病となるか、それは子供の環境と個性によって違いますが、問題が起こる可能性が高くなります。

親がそのことに気づいて子供を許し、態度を改めないのであれば、長くこじれた問題になるかもしれません。これが親子の最大の不幸だと思います。

対策1.完璧よりもテキトーを目指す

適当というのはバランスがとれていて、丁度良いこと。ですが、元来真面目な完璧主義者が、よし!適当を目指すぞ!と思ってみると、適当も案外難しいものです。

適当であるためには、どうすべき?なんて考えたり、適当であるべき思考が顔をのぞかせてみたり。だから、テキトー位のゆるいイメージでいきましょう。 肩の力を抜いて、テキトーに生きられれば、それがベストです。ですから、べきと考えていることに気が付いたら、べきことなんてないと思いなおすこと。

いつも普通でなくてもいいし、無知や常識はずれな部分があったとしても構いません。どうなったとしても、そこから学べばいいし、プラスに転じることができます。すべきことはないので、ふっと楽になり、逆に余裕が生まれるんですよ。子供もテキトーに見守ることで、のびのびと実力が発揮できるのです。

対策2.当たり前ではないことを思い出す

べき!と言っているとき、それが当たり前だと思っていることも多く、そのことも不幸を招きます。

子どもは勉強すべき・いい成績をとるべきなら、そうなっても、すべてが当然で、「頑張ったね!」と声を掛けることを忘れるかもしれません。そんなシーンに気づいたら、当たり前のことはないと思い出して下さい。そうすると、感謝やねぎらいの言葉がでてきやすくなりますね。べきことがないように、当たり前のこともありません。自分が変われば、周囲の対応も変わり、生きやすくなりますよ。

私の体験談と、まとめ

実は筆者自身が、完璧・常識的・普通はどうすべき?と気を使って生きてきました。そして、完璧どころか、普通にも出来ない自分に嫌気がさしていました。そうなった原因は、子供の頃、身近に、失敗を笑って受け止めてくれる人がいなかったからです。

自分はできないのに、完璧を強いる親に育てられ、どんな風に生きていいのか分かりませんでした。お手本がないので、知らないうちに普通はどうすべき?と、「あるべき」理想を追い求めるようになっていました。べき思考の陰には、不安が隠れています。

そうできないと、誰かに愛されない。誰かに認めてもらえない。苦しい気持ちを、べきにしがみついて支えられているのです。自分がそのままで受け入れられると知らないのです。

私はそのことに気づいて、ゆっくりと、べきを手放せました。あなたも【べき】を手放して、自分や周りの人間を、あるがままに受け入れて楽になってみませんか?

関連記事

子供の学習の記事

  1. 中学受験塾の日能研

    全国小学生のための中学受験対策ができる進学塾【日能研】の評価

    日能研は小学生のための中学受験予備校です。日能研の教室は全国に141教室あり、生徒数も全体で4万人近…
  2. Z会の幼児教育

    【3~6歳】できる子に育てる!親子で取り組む『Z会』の幼児教育講座

    難関志望校合格のための自宅学習通信教育で定評があるZ会の幼児のための通信講座をご存知でしょうか? …
  3. 英検Jr.オンライン学習

    児童向け英検「英検 Jr.」の公式オンライン学習教材がやる気に効果!

    3歳の幼児から小学校高学年までのお子様に人気のオンライン学習サービスで無料体験を受付しています。 …

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 月額2980円~毎日話せるオンライン英会話

    月額2980円~毎日【学研】kimini英会話が大人のやり直し英語におすすめの理由

    平日昼間に時間がとれる方に朗報です!学研の【kimini英会話】なら、月額2,980円で毎日英会話レ…
  2. ビジネス英語

    独学で4技能を学ぶ!ロゼッタストーンビジネスで学校英語をブラッシュアップ!

    ロゼッタストーンビジネスは、中学英語を、英検準2級、TOEIC500点レベルのビジネス英語へとブラッ…
  3. ウォールストリートジャーナルで世界経済と英語を学ぶ

    世界経済新聞で英語学習!全米トップ経済紙ウォールストリートジャーナル

    全米トップ経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版で、金融と経済の最高の情報を得ながら、英語学習…
  4. 神授業と効率的スキマ時間学習・スタディサプリTOEIC対策コース5つの魅力

    リクルートのスタディサプリイングリッシュTOEIC®L&Rテスト対策コースは、スキマ時間に本…
  5. 世界情勢と時事英語を学ぶなら

    大人の時事英語学習【TIME】で世界の最新ニュースを教材にしてみませんか?

    英語学習に使う教材が扱っている内容はとても重要です。英語で何を学ぶか、限られた時間を有効活用するため…
ページ上部へ戻る