精神的に強くなりたいあなたへ。無理に強くなろうとしなくていい理由

精神的に強くなりたい!なら無理に強くなろうとしないで!

前回の記事では、精神的な弱さがどこからやってくるのか、その原因と対策を探ってみました。しかし、その原因がわかっても、そこに居るのはメンタルが弱くて生き辛い自分です。精神的な弱さは乗り越えられるのでしょうか? メンタルが弱い自分とはどんな風に付き合っていけばよいのでしょう? 自分を否定して変わろうとしないでください。無理に強くなろうとしなくてもいいのです。

敵はいる・まずは自分を味方に

メンタルの弱さが気になるのは、多くが対人関係ではないでしょうか? 人に言われたことでクヨクヨしたり、評価が気になったり。メンタルが弱いと、なるべく敵を作りたくないと思います。嫌われないように、ご機嫌をうかがってみたり、目立たないようにしたり。疲れますよね。

有名なアドラー心理学の本「嫌われる勇気」にあるように、何をやっても、嫌う人は現れます。これは、本当に仕方がないことです。何を言っても言わなくてもそうです。

自分と同じでなければ、受け入れない人、敵視する人、自分の嫌いな人間と似ているというだけで、無関係の第三者を嫌ったりします。本当に悪いかどうかなんて関係がないのです。例え、すばらしい意見でも、各人の利害で、反対意見が現れます。私たちはこれらをどうすることも出来ません。アドラーによると、それは相手が何とかすべき課題であって、自分の課題ではないからです。

結局、どんな時も味方でいられるのは、自分なのです。自分が最大の味方でない人は弱くなってしまいます。自分を信じ、自尊心を持っている人は、素敵ではありませんが?

自分が自分の敵になってしまうと、あらゆることで、自分に否定的になり、ダメなレッテルを貼ってしまいます。本当は、そんなことないのに。自分を認め、信じることは、力強く生きるための第一歩です。

弱い自分を理解してくれる味方が必ずいる

生きていると、どうしても嫌な場面に遭遇することはありますよね。自分をネガティブにする人間関係からは距離を置いてみたり、起きてしまった問題を気にしないようにするしかありません。後は、自分をわかってくれる気の合う人達と、優しい関係を築きつつ、世間の強風に吹かれるしかありません。

ありのままの自分でいい。そんな楽な関係に癒されながら、少しずつ変わっていけばいいのです。本当の仲間は、弱い自分を判ってくれる人。弱さをさらけ出せずに自分の殻にこもってしまう場合には、そんな良い友達と出会うためにも、勇気を出して、ありのままの自分を表現してみてはいかがでしょう?

メンタルの弱さが招く失敗やミスが多い場合

失敗すると、失敗を恐れる余裕のない心が、さらなる失敗を招いてしまう。よくある悪循環に陥りますよね。「私はできる・何とかなる」という、根本的な自分への信頼がない状態で、逆に、「失敗するかも? 怒られたらどうしよう。私ってダメな人間だ」というメンタルでいると、本当にその通りになってしまいます。

ミスしないための対策を練って、努力することはもちろん必要ですが、メンタルの弱さから失敗を招かないために、気持ちを切り替える必要がありますね。メンタルは鍛えることで強化できることは分かっています。

無理に強くなろうとしなくていい理由

私自身、強くなりたいと何度思ったかわかりません。メンタルが強くなれれば楽になるだろう。弱いままじゃ生きていくのは困難だ。と思っていたのです。しかし、今はそう思わなくなりました。弱い自分を否定することは、自分いじめだと気づいたのです。もって生れた性質はそう簡単には変えられませんから、変わろうと無理することは、自分を責め続けることになってしまうのです。

人は弱さがあるほど、人に優しくなれます。弱みは強みに変換することができるのです。だから、根本的な弱さを抱えたまま、しなやかに生きればいいんだなぁ、と思えるようになりました。

強い心は、案外、ポッキリ折れる脆い心なのかもしれません。あなたも、弱い心を持った自分も大切にしながら、弱い心と共に生きていくことを目指してみませんか? 無理するのではなく、メンタルが弱いと悩んで、余計に弱くなっている部分を取り除くと、本当の自分はもうちょっと強いんだな、って気づくことができ、いい方向に自分を変える余裕ができてきます。

メンタルが強くなる3つの心掛けと対策本

当たり前のことですが、実践するのが難しい3つの心掛けです。

1.気にしない。相手もそれほど気にしていない。人は人。自分は自分。と割り切る。

2.人に振り回されない。どんな人がいてもいい。どんな自分もいてもいい。どんな意見もあっていい。自分の意見もあっていい。

3.失敗を引きずらない。やってしまった失敗は、反省はしても、無駄にくよくよし続けない。誰にでも失敗はある。そこから学んで次回に最善を尽くす。

焦らず、少しずつ変わっていきましょう。決して、精神的に弱い自分にダメ出しをし続けないようにしてくださいね。最後に、メンタルを強くする方法を教えてくれる本をご紹介します。

ワーキングパーソン向けのレジリエンスの本

子供と一緒に読める・イラスト版子どものレジリエンス

子供向けの内容になっていますが、ワークは大人でも使えます。こちらのシリーズは非常によくできた内容で、自分の弱さが子供の弱さとして遺伝しないか心配・・・という親御さんにも親子で読んで活用できます。

関連記事メンタルの弱さの根本的な原因を探る

関連記事

子供の学習の記事

  1. トランポリンで遊ぶ子供達

    【屋内編10種】幼児~小学生向け・スポーツ玩具で身体能力向上!

    子供達には、身体を動かして元気に遊んでほしいですよね。親子で遊べるグッズで、子供ともっと触れ合って、…
  2. スタディサプリ中学講座

    月額980円で5教科の映像授業受け放題!【スタディサプリ中学生講座】

    定期テスト、部活動、受験勉強。中学生はやることがいっぱい。学ぶことも増え、毎日が忙しくなる中で、苦手…
  3. スタディサプリ英検プレミアム講座で英検取得

    英検取得に!小中学生向けのタブレット英語学習スマイルゼミのプレミアム英語

    スマイルゼミのプレミアム英語講座は、英検を目指せる人気の講座ですが、プレミアム英語単体での受講はでき…

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 月額2980円~毎日話せるオンライン英会話

    月額2980円~毎日【学研】kimini英会話が大人のやり直し英語におすすめの理由

    平日昼間に時間がとれる方に朗報です!学研の【kimini英会話】なら、月額2,980円で毎日英会話レ…
  2. ビジネス英語

    独学で4技能を学ぶ!ロゼッタストーンビジネスで学校英語をブラッシュアップ!

    ロゼッタストーンビジネスは、中学英語を、英検準2級、TOEIC500点レベルのビジネス英語へとブラッ…
  3. ウォールストリートジャーナルで世界経済と英語を学ぶ

    世界経済新聞で英語学習!全米トップ経済紙ウォールストリートジャーナル

    全米トップ経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版で、金融と経済の最高の情報を得ながら、英語学習…
  4. 神授業と効率的スキマ時間学習・スタディサプリTOEIC対策コース5つの魅力

    リクルートのスタディサプリイングリッシュTOEIC®L&Rテスト対策コースは、スキマ時間に本…
  5. 世界情勢と時事英語を学ぶなら

    大人の時事英語学習【TIME】で世界の最新ニュースを教材にしてみませんか?

    英語学習に使う教材が扱っている内容はとても重要です。英語で何を学ぶか、限られた時間を有効活用するため…
ページ上部へ戻る