子育てのストレスを減らす!子供が言うことをきかないときの原因と対処法

あれをしなさい。これはしちゃダメ。早くしなさい。
心配して言ってあげているのに、子供はなかなか言うことをきいてくれませんよね。
毎日、毎日、お母さんは大変です。本当に、お疲れ様です。

でも、なぜ子供は言うことを聞いてくれないのでしょうか?

子供が言うことを聞かない理由と対処方法

原因1.人は「しなさい」と言われたことはしたくなくなる

人には指示されたことはしたくなくなる心理パターンを持っているそうです。なので、「勉強しなさい!」と言うのは、「勉強したくない」のスイッチを押してしまうようなもの。困ったものですね。「早くしなさい」と言われると、逆にゆっくりしたくなる。何ということでしょう。素直じゃないですね。

とはいえ、我が子だけがそうなのではなく、私もあなたもそんな傾向があると思えば、少しは納得できるでしょうか?
だから、私たち大人が上手に言葉を使う必要があるのです。

対処法.「○○しなさい」という言い方を控え、子供の言い分を聞く

なるべく意識して、「○○しなさい」というやる気をなくす言葉を控えましょう。そして、子供の気持ちを尊重してあげましょう。子供がそうしないには子どもなりの理由があります。心の仕組みは複雑なので、自分でも何故だか分からないことも多いでしょうが、理由があるのは確かです。
「どうしてそうするのか?」「そうしてそうしないの?」
「そうか。そんな風に思ってたんだね。だったら、どうする?」
聞いてみてあげると、意外な答えが返ってくるかもしれません。子供が自分でも分からない場合は、追及しなくても構いません。分かることだけでも、理解してあげられたら、子供は嬉しいし、安心します。
自分で考えることが自主性につながりますし、自分が尊重されると、相手(母親)を尊重する余裕も生まれ、するべき行動ができるようになります。

原因.2子供に母の愛情が伝わっておらず、反発している

先回りして心配して、あれをしなさい。これはダメ。勉強しなさい。早く寝なさい。さっさとしなさい。
何度も言わせないで!勉強しないといい学校に入れないよ。苦労するよ。ゲームばっかりしてると目が悪くなる。早く寝ないと朝起きられない。
もう、すべてその通り。きっと子供も何度も言われているから分かっているのです。

分かっているなら、なぜ言うことをきかず、反発するのでしょう?お母さんは子供のためを思って口うるさく指摘してあげているつもりです。ですが、指示ばかりされる子供は自信をなくしています。

先に書いたように「しなさい」といわれることは「しにくい」のです。だから「しない」と、叱られます。叱られると悲しいですし、自分でも親の言うとおりにできないことに、無意識でも「罪悪感」を持ってしまいます。しぶしぶ従っても、やらされた感でいっぱいです。こんなことが繰り返されると、子供は自分はダメな人間のように思えてきます。だから腹が立つと、親子関係が悪くなってしまう。。。

本当はそんな指示より、もっと他の言葉が欲しい。分かってほしい。という隠れた思いが反発になっていることはよくあります。
勘の良い方は、どうすればよいのか、わかってきたかもしれませんね。

対処法.指示ではなくお母さんの素直な思いを伝え、愛情を感じさせる

子供が欲しいのは、ずばり親の愛情です。自分という存在を無条件で愛して欲しいのです。これも、子供だけじゃなくて、私たち大人もそうですよね。

勉強したらいい学校に入れるよ。そしたらお母さん嬉しいな。
ゲームばっかりしてて目が悪くなったらお母さん悲しいな。
早くしてくれるとお母さん、助かるなぁ。有難いんだけど。

指示や命令の奥に隠れているお母さん自身の思いをしっかりと伝えてあげて下さい。 素直な気持ちを伝えたことがないと、ちょっと気恥ずかしいと感じるかもしれませんが、言葉にしてあげてください。
子供は生まれた時からお母さんが大好きです。親を喜ばせたいものです。親を悲しませたくありません。親が素直な心情を伝えれば、子供は素直に従ってくれるようになります。

スポンサーリンク

「やらされる」のではなく、「したいことをやる」ように

 親に指示されたことでなく、自分で決めたことをやる。これは自立の一歩です。 これができると、子供は自信をつけることができます。この自信は長い人生を生きていくうえでとても大切なものです。だからこそ、子供は親に気が付いてほしくて、反発してくるのかもしれません。
「あれこれ言わないで!」「大丈夫だから、もっと信じてよ!」
言うことを聞かない態度には、そんなメッセージが隠れているのかも知れません。

子供を変えるために、親も努力をする必要があります。とんとん拍子に変わらないかもしれませんが、根気よく接し方を変えれば、子供は必ず変化します。
きっと、イライラがぐっと減ることになり、お母さん自身も楽になれますよ。

子供の心に栄養を与えていますか?

言うことを聞かないと嘆いているお母さんは、褒めるのが下手だったりもします。心当たりありませんか?もっと分かりやすく愛情を注いで、親子の信頼を回復しましょう。

「お母さんは、○○ちゃんのお母さんで良かったわ」
「○○ちゃんが、楽しそうにしてくれると嬉しいわ」
「兄弟(姉妹)が仲良くしてくれて、嬉しいわ」
「いいお兄ちゃん(お姉ちゃん)でいてくれてありがとう」
「お母さん、助かったわ。ありがとう。」
「さすが!○○ちゃん!」「すごいね!」

何でも良いのですが、こうした言葉をたくさん掛けてあげてください。子供が言われて喜んだ言葉をチェックし、自分オリジナルの言葉も考えてみてください。 こうした言葉を掛けられて、悪い子に育つのは難しいです。 

子供の心に栄養を与えると、やがて花が咲き、実りが訪れます。
「お母さんの子供に生まれてよかった!」そんな言葉がでてくるのもひとつの実りなのです。

反抗期には信じて見守ってあげる

どうしても言うことを聞かない時期というのがやってくるかもしれません。それは人の成長の通過点です。本人にも理由がわからず、親に反発したくなる時期が人間にはあるようです。個人差はありますが、自分にも心当たりがありませんか? そんな時は、ただ成長を信じて見守ってやってください。どんな時も、子供の味方でいてあげましょう。何もできない時もある。そんな時も受け入れましょう。
出来ないことを許したり、そのままのその子を認めてあげたり、同じ位置にたって、子供の問題に対処していきましょう。

まとめ・子育てのストレスを減らして笑顔を増やそう!

どんな子供でも、大切な我が子です。無条件に信じて、愛してあげること。それは親子に幸せをもたらしてくれます。
今日から、そんな言葉がけを心掛けてみませんか?

長い間、怒ってばかりで褒めたことなどなかった場合、子供は「気持ち悪い」「居心地悪い」「やめて!」と思うかもしれません。それは、褒められたり、認められたりすることに慣れていないからです。頑張って、母親の心がけを変えて、声がけを変えていくと、きっと親子関係に変化が生まれてきますよ。

もう遅いなんてことはありません。気づいたときからで大丈夫。この文章を読んで、心当たりを感じた方は、幸せな家族の将来のために、ちょっと自分を変えてみませんか? 子育てのストレスが減って、ママ・パパ・子どもたちの笑顔が増えますように。

子供の学習教材ガイド

記事一覧

乳幼児から小中高生の子供向けの学習教材やサービスを紹介しています。オンライン学習、塾、通信教育講座など、様々なサービスから、お子さまにピッタリの学習教材選びのお手伝いが出来れば幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

英語学習のおすすめ記事

  1. リエゾン(音声変化)が学べる英会話教材「プライムイングリッシュ」

    入門・初心者向けの日常英会話でリエゾン攻略【プライムイングリッシュ】

  2. スタディサプリイングリッシュ体験

    スタディサプリENGLISHを体験!実際に試してみた中身の詳細レビュー

  3. 今すぐ受験可能!オンライン英語試験CASECで英語の実力を試そう

  4. 朝活におすすめのオンライン英会話スクール

    朝の時間を有効利用!朝活英語学習におすすめのオンライン英会話

  5. グローバル社会の常識を学び、コミュニケーション能力を高める講座

    ネイティブの添削付!常識やタブーを学んで英会話力アップを目指す講座

カテゴリー

カテゴリー

子供の学習の記事

  1. 小学生の作文講座

    小学生の国語力を伸ばす!作文通信教育講座ブンブンどりむ人気の秘密

    小学校の授業やテストでは知識活用型の文章題が急増しています。文章題を読み解くのに必要な読解力や思考力…
  2. 3歳~6歳児の幼児教育にぷちドラゼミ

    3歳~6歳の幼児教育に小学館のぷちドラゼミで親子で学びを楽しもう!

    幼児期の教育において大切なことは、遊びなどを通じて楽しみながら、小学校以降の学習の土台を固めること。…
  3. 自発的に勉強する子供にするために親ができる重要なこと

    「勉強しなさい!」親ならつい言ってしまう言葉ですが、そんな風に言われると勉強したくなくなる子供の方が…
ページ上部へ戻る