2020年の英語教育改革で小・中・高、大学入試が変わる!

英語教育改革

何かと話題の東京オリンピックを迎える2020年。文部省では、小・中・高校で、新たな英語教育改革の実施に向けて検討・準備が進められています。
子供の英語教育はどうなっていくのでしょうか? 大きな変化は以下の3つです。

1.小学3年生から必修化、小学5年生から教科化

3年生からは外国語活動として、英語に触れあう学習。
2018年度から小学5・6年生の英語教科化。
5年生からはアルファベットの読み書きなどを、教科書を使っての学習となり、評価もつくようになります。

早くから英語を学ぶことは、子供が英語を好きになるのに役立ち、能力を伸ばすことにも繋がります。

2.中学・高等学校での英語の授業が英語で行われる

中学校の英語教育では、

「話す」「聞く」「読む」「書く」の4技能の育成にとどまらず、多読、作文などのより踏み込んだ言語活動が行われます。
与えられたテーマで自分の意見や主張を短いスピーチで表現できるようになることが目標(中学卒業段階で英検3級〜準2級程度)。指導語彙も現在の900語程度から1200語程度に拡充されます。

さらに高校では、

スピーチ、プレゼンテーション、ディベート、ディスカッションなどの経験をとおして、英語での言語活動の高度化、4技能に加えて、聞き手にわかりやすく伝えるスキルの習得を目指します(高校卒業段階で英検2級〜準1級、TOEFL iBT57点程度以上)。指導語彙も現在の1300語程度から1800語程度に拡充されます。

今後は英語によるスピーチと英語での質疑応答はもちろん、クラスメート同士で1つのテーマについて英語で話し合うといった形の授業も増えてくることでしょう。

3.センター試験の廃止・新テスト導入へ

センター試験が廃止。思考力・判断力・表現力を中心に測る「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」が導入されます。
2018年4月から高校生になる子供からは、新試験を受けることになります。

新しい試験は、CBT方式(Computer Based Testing)で検討されています。これはコンピュータを利用して受験する方法で、受験者はパソコンで解答を入力します。現在のような点数方式ではなく、ランク評価が、教科ごとではなく、例えば英語で物理の問題を解くといったような合科が検討されており、総合的な能力が求められています。そのため、試験はこれまでより難しくなることが予想されています。

中でも英語の変化は大きく、これまでの文法中心から、「読む・聞く・書く・話す」の4技能をテストする形式に変更予定されています。これまで記憶が中心だった学習が、自分で考えて、伝える力が求められてきます。
また、TOEFLなど民間の資格・検定試験を活用する大学が増えることも予想されます。

このような変革に対応しきれないため、早くから対策がうてる中高一貫型の学校に入れるのが有利と言われているほどです。

2020年の教育改革に備えてできることは、しっかりと何のために学ぶのか、どう学ぶのか、自分のしたいことを考えさせ、表現させ、自分の意見を育てる教育です。受験の点数だけの教育から、先を見据えた教育が必要となってきています。

考える力、生きる力を持った子供に育てる

これまでは長年、学校で英語教育を受けても多くの場合、英語を話せないのが当たり前でした。2020年の改革は本当に英語を使える教育をしようということですね。英語以外についても同様です。

そうした力をつけるために、自分で考える力をつけさせる必要があり、子供には教えない方が成績が伸びるそうです。

個別指導学習塾の先生が、教室で実践している指導方法と成績アップの実例、家庭で今日から取り組める教育改革に向けた対策方法を紹介されています。2020年教育改革をわかりやすく解説。子供が遅れを取らないために、今から出来ることを準備するための本です。kindleで250円。kindle unlimitedなら無料で読めます。

関連記事

子供の学習の記事

  1. 子育てのストレスを減らす!子供が言うことをきかないときの原因と対処法

    あれをしなさい。これはしちゃダメ。早くしなさい。 心配して言ってあげているのに、子供はなかなか言う…
  2. 中学受験塾の日能研

    全国小学生のための中学受験対策ができる進学塾【日能研】の評価

    日能研は小学生のための中学受験予備校です。日能研の教室は全国に141教室あり、生徒数も全体で4万人近…
  3. Z会の幼児教育

    【3~6歳】できる子に育てる!親子で取り組む『Z会』の幼児教育講座

    難関志望校合格のための自宅学習通信教育で定評があるZ会の幼児のための通信講座をご存知でしょうか? …

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 月額2980円~毎日話せるオンライン英会話

    月額2980円~毎日【学研】kimini英会話が大人のやり直し英語におすすめの理由

    平日昼間に時間がとれる方に朗報です!学研の【kimini英会話】なら、月額2,980円で毎日英会話レ…
  2. ビジネス英語

    独学で4技能を学ぶ!ロゼッタストーンビジネスで学校英語をブラッシュアップ!

    ロゼッタストーンビジネスは、中学英語を、英検準2級、TOEIC500点レベルのビジネス英語へとブラッ…
  3. ウォールストリートジャーナルで世界経済と英語を学ぶ

    世界経済新聞で英語学習!全米トップ経済紙ウォールストリートジャーナル

    全米トップ経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル電子版で、金融と経済の最高の情報を得ながら、英語学習…
  4. 神授業と効率的スキマ時間学習・スタディサプリTOEIC対策コース5つの魅力

    リクルートのスタディサプリイングリッシュTOEIC®L&Rテスト対策コースは、スキマ時間に本…
  5. 世界情勢と時事英語を学ぶなら

    大人の時事英語学習【TIME】で世界の最新ニュースを教材にしてみませんか?

    英語学習に使う教材が扱っている内容はとても重要です。英語で何を学ぶか、限られた時間を有効活用するため…
ページ上部へ戻る