インコに観葉植物は有害?!安全な放鳥のために我が家の植物を点検!

インコを飼う前から、園芸が好きだった私。当然、我が家には観葉植物が置いてあります。予備知識がほとんどないまま始めたセキセイインコの飼育でしたが、ウィルちゃんが飛ぶようになり、行動範囲が広がると、気になることが沢山でてきました。

農薬などは使っていないものの、観葉植物を間違って口にして大丈夫かしら? 結論から言えば、大丈夫じゃありませんでした。我が家の観葉植物について有害・無害と調べたことをウィルちゃんの成長記録(画像)を少し交えてまとめてみました。

サンスベリアはインコに無害

ウィルちゃん、野菜を食べさせるまでは、植物を口にすることはありませんでしたが、野菜の味を知ったとたん、観葉植物も食べ物の一種と認識してしまったようで、口に入れるようになりました。

そんなこともあろうかと、置いてあったのは、サンスベリア。インコにも無害ですし、結構しっかりとした葉っぱなので、食べられないだろうと思っていたのですが、好奇心いっぱい。少し飛べるようになってきたころ。えい!と飛んで、サンスベリアに着地。真っ先にかじられました。かじっても安全とはいえ、サンスベリアがボロボロになるのも可哀そう。。。

サンスベリアとセキセイインコ

サンスベリアさん、大きく育ってね!

ウィルちゃんの飼育部屋から、一時撤退してリビングに移動しました。2鉢に増えていたのですが、さらに新しい株もでてきていたので、一回り大きな鉢にそれぞれ植え替えをして、さらに大きく育ってもらうことにしました。

モンステラ・セロームはインコに有毒!

100均で購入した小さなヒメモンステラ。4年が経過し、立派にリビングの主役をつとめていました。大きな葉っぱに太い茎。そこにウィルちゃんもひょいっと飛んできて、止まり木にして休憩。

モンステラに止まったセキセイインコ

モンステラに止まった後姿が男前?

しかし、モンステラは、残念なことに、有毒植物でした。食べて落鳥した(亡くなった)インコもいるとか。並べて置いていたセロームも同じサトイモ科で有毒とのこと。写真の頃はまだ大丈夫だったのですが、ウィルちゃんが植物を口にし始めたので、ベランダに出すことに。モンステラは4年目にして越冬を強いられます。いただいた情報によると、すべての葉が落ちても、根っこが枯れずに残って復活するそうなので、ベランダでの冬越しを頑張ってもらおうと思っています。

ポトスは要注意・プミラは安心

かなり残念なことに、ポトスも消化器系に影響がでて有毒らしいです。ですが、万一でも少量ならすぐに大変なことになるレベルではなさそうで、調べると、しょっちゅう口にしているインコちゃんもいるとか。というわけで、撤収せずにそのまま気を付けることにしました。あちこちに増やしているので移動が不可能なのです。

ポトス・ラベンダー・プミラとインコ

植物よりカレンダーを加工に夢中!(3ヵ月頃)

写真は左からポトス・ラベンダー・プミラ。今のところ、ウィルちゃんはポトスに近づきませんが、成長し、慣れて怖いものがなくなっていく今後もし、しばしば近づくようなら、何か対策が必要かもしれません。ポトスの葉っぱは食べやすそうなので、かじりそう。。

白い縁取りがかわいいフォカス・プミラ。こちらも、いかにも口にしそうな柔らかい葉っぱ。実際、ウィルちゃんもむしゃむしゃ食べたことが。でも、無害ということで一安心。無害はありがたい。ちなみにラベンダーも問題ないようです。

パキラは安全で安心・期待の星!

100均で購入し、大きく育っていたパキラ。こちらは、安全な植物。最初、細い葉っぱの茎にとまって、葉っぱをかじったので困っていたのですが、毎度、やめて~!と言いながら止めていたら、最近は全く近づかなくなりました。インコも学習してくれるのかもしれません。

パキラの枝にとまったセキセイインコ

パキラに止まったウィルちゃん見つけた!

このパキラをリビングの主役にしようと、さらに大きな鉢を購入し、植え替えをしました。さらに、種から芽出しした3本108円のお買い得パキラもダイソーでゲットしてあったので、それらも大きく育てようとしています。

カポック・アイビー・シクラメン・ポインセチアは有害

同時期に購入したカポック。モンステラの代わりにベランダから連れてこようかと思ったけれど、有毒でした。ベランダにあるアイビー。枝を切って、水に差していたのですが、こちらも有毒。キッチンの窓辺に置いてあり、今のところ全く近づく気配がないので、そのままですが、いずれ撤収かもしれません。

今はありませんが、年末に飾りたくなる冬の定番シクラメンとポインセチアはどちらも有害。まさか、クリスマスを彩るお花がどちらもダメとは・・・残念ですが、今年から諦めようかな。

オリズルランが意外と優秀

ランナーで増えまくってしまっていたオリズルラン。ランと名前がつくので、有害イメージだったのですが、これが意外にも安全でした。NASAも認める空気清浄能力と、赤ちゃんにも安全安心だとか。鉢植えで増やす気はないのですが、ランナーを水栽培することにしました。写真は初対面のとき。その後、すっかり、気に入ってかじることも。美味しいのかしら?

オリズルランとウィルちゃん

オリズルランのランナーを水栽培

最後に・その他の安全な植物

いかがでしょうか? 以上が2017年9月現在の、我が家の観葉植物とインコの様子です。我が家にあってご紹介しなかった、観音竹、アロエなどもインコに安全なようです。どちらも増えているので、株分けして家の中に持ってこようかしら。

その他の安全な植物として、ドラセナ(幸福の木)※一部有害との声もありますが、食べても問題ないインコちゃんが確認できていますので、安心かと。ユッカ・ゴムの木・ベンジャミナ・ガジュマルなどが挙げられていました。

その他、サボテンをはじめとする多肉系はどうやら無害のようです。植物とインコの共存ができるよう、今後も、見守っていきます。そして、植物を増やすときは、なるべくインコに無害な植物から選びたいと思っています。

関連記事

英語学習のおすすめ記事

  1. TOEIC®テスト600点完全攻略

    アルク通信講座・TOEIC(R)完全攻略600点コースで狙うスコア100点アップ

  2. 信じる力と受け入れる力のすごさを教えてくれる動画

    【TED】信じる力はスゴイ!キャロライン・ケイシー『 限界の向こう側』

  3. 自宅で英会話教室を成功させる

    英語と子供が好きなら、自宅で英語の先生になるという選択はいかが?

  4. 英語のことわざ

    対訳付き英語のことわざ【1】

  5. 日本を紹介する英語教材

    ECCの大人が楽しい英会話教材で日本文化や習慣を学んで日本を紹介しよう!

カテゴリー

カテゴリー

子供の学習の記事

  1. 英語教育改革

    2020年の英語教育改革で小・中・高、大学入試が変わる!

    何かと話題の東京オリンピックを迎える2020年。文部省では、小・中・高校で、新たな英語教育改革の実施…
  2. 小学生のタブレット学習・スマイルゼミなら無料で英語学習も可能で高評価

    「スマイルゼミ」は、ジャストシステムが提案する小学生、中学生向けタブレット型通信教育サービスです。ジ…
  3. 小学生向け・マンガで覚える難しいことばの本

    マンガで語彙を増やす!小学生向け・難しい言葉を簡単に覚えられる本6選

    間違って覚えがちな言葉や、知らないと意味が分からない言葉。言い回しや表現など、ちょっと難しいけれど、…
ページ上部へ戻る